新着記事

相続・相続対策の支援

ご家族が亡くなり、相続税の申告が必要な方

相続税のご申告は煩雑な手続きの連続です。

私ども税理士法人横浜パートナーズでは、お客様ごとの担当者がご依頼の日から申告・納税まで一連の流れで相続税申告のお手伝いをさせていただきます。

また、申告完了後も相続税の納付手続きや、税務調査の立会い、二次相続対策などのフォローを行います。

相続税や資産税の業務についての詳細は、「相続税・資産税相談室」をご参照ください。

ドクターに多い名義財産に要注意!

相続税の調査で税務署から指摘を受ける項目として、名義財産があげられます。名義は子供や孫になっていますが、実質的な財産の所有者は亡くなったおじいちゃんとか、おばあちゃんといわれてしまうケースです。

相続税の申告にあたって、税理士法人横浜パートナーズでは名義財産の確認を行っています。具体的には預金通帳の過去の精査です。

税務署は5年から10年くらいを金融機関に調査にでかけて調べるといわれていますから、我々も同じくらいの期間の預金の動きを精査します。

もちろん財産の規模や家族構成によっては簡単に済ませることもあります。基礎控除ぎりぎりの財産で、内訳も自宅不動産がほとんど…というような場合には、直近の通帳だけをみせていただいて、おかしな動きがなければ深入りしないということもあります。

逆に地主さんなどの土地持ちの資産家や、ドクターや会社の重役などのキャッシュリッチな資産家の方については細かく出入りをチェックします。

金額でいうと50万円以上の出入りです。他の通帳に移動しているものや、生活費として費消した部分については問題ありません。

一方で、どこにいったかわからないものというのもあります。

ドクターは金融資産を多く保有しているキャッシュリッチ層であり、医師の横の繋がり等で得た中途半端な知識で相続税対策をしてしまいがちです。

当社では、医業のお客様については名義財産と税務署から指摘を受けないような生前贈与のやり方をご指導いたします。

相続に関してこういう不安はございませんか?

  • 相続税はいくらかかるんだろう?
  • 納税資金は足りているのだろうか?
  • 土地や自社株式の評価はどのくらいだろう?
  • 相続税を安くする方法はないのだろうか?
  • 自分(又は親)の行ってきた相続対策は正しいのだろうか?
  • 子供たちへどのように相続させたらよいだろうか?
  • 将来のために生前贈与をしたいのだが…?

財産評価、相続税シミュレーションのご依頼はお気軽に!!

当社は長年地域に密着した会計事務所として多くのお客様の相続税の申告や確定申告のお手伝いをしてまいりました。

その経験やノウハウ、提携企業との連携などからお客様にとってベストと考えるご提案をしていきたいと思っております。

具体的な方法として、「相続税シミュレーション」をもとにした助言やご提案を致しております。

相続税に関する初回の面談は無料で行っております。お気軽にご相談ください。     

生前準備、相続税対策の進め方

当社においては相続税シミュレーションに関しまして、なるべく詳細に行おうと考えております。

それは大雑把に試算をしたとしても重要な財産の集計がもれていたら、的を外れたアドバイスになったり、対策においてミスリードを引き起こす可能性があるからです。

そのため、相続人であるご家族のお名前やご年齢、現状の財産の内容などを細かくヒアリングさせていただきます。

重要なのは今、相続税が発生したら相続税がどのくらいなのか…だけではなく、このまま収入が蓄積していくケースようなケースで数年後の相続税の検証も必要となります。

相続税のシミュレーションや相続対策のご支援は、相続が発生するであろう近い将来においてどのような財産構成が望ましいのか、私どもとお客様とで検討していく共同作業であると考えております。


相続税シミュレーション・相続対策支援業務の流れ

  1. ご面談
  2. 推定相続人のご確認(親族関係図の作成)
  3. 財産債務の聴き取り(アンケート方式など)
  4. 財産評価に関する資料の収集
  5. 財産目録の作成
  6. 現状での相続税額の試算
  7. 現状での財産状況の分析
  8. 問題点及び課題の抽出
  9. 相続対策アクションプランのご検討
  10. 対策後の相続税額の試算、推移比較
  11. 相続対策の実行のご支援(オプション業務として別途ご請求させていただきます)

継続的に様々なご提案と実行の支援を致します!(対策例)

相続対策は、相続税の金額だけでなく、お客様の財産の状況やご年齢、健康状態、ご家族のライフプランなどを考慮した包括的なプランニングが必要となります。

当社では、時には法律的な観点から、時には税理士としての観点から、また時にはFP的な視点から相続対策をご支援いたします。

会社の経営者であれば会社の税務申告を頼んでいる会計事務所があるかもしれません。個人の確定申告を毎年依頼している税理士事務所があるかもしれません。当社では会計税務の顧問以外の相続対策のセカンドオピニオンや、資産承継プロジェクトのコンサルティング的な位置づけでのサポートもさせていただいております。

生前贈与の活用

  • 配偶者への居住用財産の贈与の特例の活用
  • 自社株の評価と持株対策、金庫株の活用
  • 暦年課税による生前贈与
  • 相続時精算課税を利用した生前贈与
  • 住宅取得資金の贈与税の特例を活用した生前贈与
  • 事業承継税制を活用した生前贈与

不動産関連の対策

  • アパート建築など土地の有効活用による評価の引き下げ対策
  • 不動産管理法人などへの財産の移転
  • 小規模宅地の評価減の活用
  • 広大地の特例の利用
  • 納税資金の捻出方法の検討
  • 共有土地、貸宅地の解消

生命保険等の活用

  • 生命保険を活用した分割、納税資金対策
  • 個人年金を活用した相続対策
         

遺言等の活用

  • 遺言(公正証書遺言)の作成
  • 遺言信託(信託銀行)のご紹介
  • 養子縁組のご提案