経営計画書の作成支援

経営の羅針盤となる経営計画を策定しませんか? 

 税理士法人横浜パートナーズは、毎期の黒字決算を実現するために「継続MASシステム」を利用した経営計画の策定と業績管理の仕組み作りをご支援いたします。

当社では、お客様のご要望に応じて年度の初めに経営判断のモノサシとなる「短期経営計画」の策定を行うことをご提案しています。

短期経営計画は、「過去の財務データ」と「お客様への5つの質問」を基に簡単なシミュレーションを行うことにより策定が可能です。

また、お客様のご要望に応じて、詳細な設備投資計画や資金計画の策定支援も致します。

業績管理の構築が経営力をつける王道です。

税理士法人横浜パートナーズは、「継続MASシステム」により策定した短期経営計画を基に、毎月の巡回監査を通じた経営助言、業績検討会の開催等をサポートします。

「業績管理」とは、PDCAを確実に実践し、目標を達成することです。  業績管理を行うことで、経営判断のモノサシとしての計画と実績の差異を確認し、その原因と今後の経営課題を考えることが可能です。

黒字決算、健全経営を実現するためには、「経営ビジョンの明確化」と「事業計画の策定」が不可欠であり、業績管理体制の構築が経営力をつける王道であるといえます。

経営計画書の作成と業績検討会の開催をサポートします。

当社では経営者の皆様の業績検討会や経営計画策定会のため会議室にモニターを設置し、当社のコンピューターから映し出される資料をもとに業績の確認や次期の経営計画の検討をしていただいております。

たまには場所を変えて、経営についてじっくり考えてみるのもいいのではないでしょうか。

新着記事